topics

2015年09月03日

人様に迷惑をかけてはいけません!?

長かった夏休みが終わりましたね〜。
母としては給食のありがたさをかみしめております。

わが家は幼稚園の娘も小学生の息子も順調に登校したのですが、帰りに問題発生!
息子は家の鍵を忘れたのです

両親は仕事で帰ってこれないと判断して彼は近くに住むおばあちゃん(私の母)に助けを求めました。
公民館で事情を話して電話をかりて暗記している番号へ電話。
おばあちゃんが鍵を届けてくれて無事に家に入ることができました。

よくやった!
状況を判断して自分で問題解決できるようになってるじゃん!
と、私は喜んでいたのです。

でもね…
夜になって母からメールが…

「鍵を忘れると公民館の人に迷惑をかけるから
 あなたが確認するよーに」

うん、やっぱりね。そうくるよね。
私もカウンセリングを学ぶ前はそう思っていたし行動していたし。
でも、失敗をしてしまうのは仕方ないんです。
R(息子)は完璧を求められたら潰れちゃう。

私が鍵をチェックして持たせたら、確かに失敗はしないけど
失敗したときの対処法を学ぶ機会を失います。
宿題もやらせていたら確かにやれるけど自分でやる気にはならない。

人に迷惑をかけちゃだめ!って苦しいな〜。
母も息子を心配しているから声をかけてくれる。
見守ってる私と口を出す母の根底には同じ愛情があるんだよね。

「おかあさん、カギを届けてくれてありがとう。
 また失敗しちゃった時はお願いね!」

母はきっと「まったく、あの子たちは」と笑って許してくれるに違いない。
だって私の母だから。

posted by tomomi at 18:48| Comment(0) | 息子のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

やっぱり大丈夫!

昨日、多治見市で行われた講演会に参加してきました。
前からお会いしたいと思っていた方々にも会えて本当に充実した時間を過ごすことができました。

このつながりを作ってくれたのは回復の12ステップの卒業生
自分の関係や、過去のこと、夫婦関係などこんがらがった状態だった2年前。
私が初めて夫婦カウンセリングさせていただいたご夫婦でもあります。
泣いてばかりだった彼女の姿が嘘みたい

現在「新しい学校をつくる」という夢にむかって走っています。
彼女の息子くんは学校にいかないという選択をしました。
だったら、通いたくなるような場所、子供の力を信じきる環境を作りたいと動きだしたのです。

定例会にくる彼女はどんどん輝きだしこんな活動まで始めていたのです。
自分の可能性を信じ切るところから、子供を信じる気持ちは生まれてきます。
過去ではなく未来を信じるように変わっていった彼女の変化に私も勇気づけられました。

講演会の実行委員として活動していた彼女のそばには、旦那様の姿もありました。
「俺には理解できない!」っていいながら最後まで付き合ってましたね。
ご夫婦としても大丈夫。お互いの価値観を尊重できていて素敵

彼女につなげてもらったはとても大きくて、よくぞ二年前来てくれたって感謝しています。
回復の12ステップ終了後、自分の道を開拓してまで道なき道を進む卒業生が多くてびっくり!
こんな能力、どこに隠してたの

みんな自分の夢も希望も目標ももう持っています。
そしてそれを実現する能力ももう持っているんです。
ただ、気づいてないだけ、自信がないだけ、新しいに慣れてないだけ。

同じ時間を生きるなら自分の才能使わないと損ですよ

そんな嬉しい姿を見せてくれた彼女からの言葉を紹介します。
「子供を信じるのに」「自分に自信を持つのに」「やりたいという気持ちに」

「根拠はいらない」
posted by tomomi at 21:47| Comment(0) | カウンセリングのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

I love タタミ〜♡


ずいぶんと間をあけてしまいました。
ジメジメとした天気が続いていますが、体調は大丈夫ですか?

先日、息子は学校の宿泊研修に出かけていきました。

集団生活も、新しい場所も得意ではない息子(苦手ではなくなってきました)

前までの私なら準備万端に整えようと躍起になっていたと思います。
う〜ん、目に浮かぶわ(笑)

でも、今回は「今度は何をやってくれるかしら〜?」と楽しみにもしていました。
人って変わるもんですね。

さて、普段の学校生活ではなりを潜めているRの個性。一泊二日の研修中はどうだったかというと…
やってくれましたね、期待を裏切らず!
宿泊は二段ベッドの大部屋で寝るのですが、新しい環境+苦手な高い場所(Rは上の段)。
Rは眠れなかったんです。
夜中を過ぎても眠れなかったRは見回りの先生が来るのを察知して
部屋から飛び出し先生に助けを求めました。

私はRはもう大丈夫だと思いましたよ

自分から助けを求められるようになれば彼に心配はいりません。
できるようになるのはとーっても大変だし、彼は助けてもらって生きていけばいいのです。
そのためには自分は助けてもらう価値があると自信を持たなければなりません。
自分に自信がないと助けを待つことになります。
気づいてあげる人が必要になり、いつも人を見て行動するようになります。

さて、助けを求めたRは先生たちの泊まる部屋に布団を敷いてもらって寝ました。
彼は「僕は畳に布団なら寝られる」と。
そのあとは眠れたそうです。

その後の参観日。
先生は「畳でないと寝られないといって先生の部屋に布団を敷いて寝た子もいました。こんな子は前代未聞です」とおっしゃいました。
私は手を挙げて「は〜い。うちの子です(笑)」
まわりのお母さんたちに笑いも提供できました。

失敗を恐れて下見に行った親子もいらっしゃったそうです。
今の時期、失敗を経験して自分で解決するから成長するんだと思いますがどうかしら?

布団を敷いてくれた先生たち、ありがとうございました。
Rにとって、周りの大人たちへの信頼が大きくなりました。
学校は味方だと認識していると思います。


PS 宿泊研修で心に残ったことを書きましょうのシートには
  「キャンプファイヤーでたき火が崩れてびっくりした」って書いてありました。
  心に残る=びっくりしたこと だと思ったんだろうな〜

posted by tomomi at 20:39| Comment(0) | 息子のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。