topics

2015年01月25日

発達障害って!?その6

さて、通級教室に通いだしたRの本来の姿を思い出した私。
思い出し、Rへの愛情がすぐに復活したのか!?
すぐに息子を認められるようになったのか!?

これはでしたね…
相変わらず、通常のクラスではうまくいかない。
宿題や用意や日常生活の大変さも変わらない。
そして、やっぱり私は怒っていました。

ただ、週に一回のH先生との時間がRを認めてくれていました。
Rは今でもH先生に感謝しています。
「学校中でH先生だけが僕の話を聞いてくれた。
 認めてくれて嬉しかった。」

一年生の終わりにH先生から打診がありました。
「Rくんの困難さを理解するためにテストをさせてもらえませんか?」
「みんな受けてもらっているんですよ。」

H先生を全面的に信頼していた私は二つ返事でOKしました。
この時に受けた検査が「WISC」だったのです。

※WISC:知能検査の一種
      発達障害児はこの種の検査をすると極端な数値を示すことが多い
      例えばRの場合、言語能力がずば抜けて高く空間把握がとても低かった
      平均値をどれもとっておらず、高いか低いかの数値しかない

学校で受けることができるのは稀でH先生が資格を持っていたからこそ
Rは学校で受けることができました。
そして、学校で受けられたからこそWISCの結果と学校での様子、日常生活の様子
私との面談そのすべてをH先生が総合的に判断してくれました。

そしてある日、私はH先生と面談することになりました。
開口一番先生はこうおっしゃったのです。
「お母さん、息子さんは天才ですよ!
そして、診断結果はアスペルガー症候群だと知らされたのです。

この時、肯定的に障害を伝えてもらえて本当によかった!
ここで「残念ながら…」と伝えられていたら全然ちがっていたと思います。

次回は「本人告知」について書きたいと思います。

              
            

posted by tomomi at 21:13| Comment(0) | 息子のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。