topics

2015年01月30日

発達障害って!?その7

「アスペルガー症候群」だと告げられた息子。
私はショックは受けませんでした。
ずーっと悶々と悩んだ日々からの解放感の方が強かったのです。

「私の育てかたが悪かったんじゃなかったんだ
「Rが悪い子なんじゃないんだ
                          そう安心しました。

H先生はわたしの意志も聞いてくださいました。
「アスペルガー症候群だと学校に知らせてもいいですか?」

確かに奇異な目で見られる可能性もありました。
でも、Rは学校中で知らない先生はいないほどの問題児
ここは障害をスッパリ認めて、正面から向き合うしかありません!

「確かに偏見もあるかもしれません。
 でも、障害だとわかれば先生は配慮してくださるでしょう。
 堂々と配慮してもらう免罪符が欲しいです!」

こうしてRは学校で特別扱いを受ける権利を得ました。
この時点で私の中で大きな変化がありました。
Rの奇行が「アスペルガー症候群」だとわかってRの行動が理解できたのです。
同じように理解してくれる仲間が必要でした。

まず仲間の第一号は本人です。
親だけが障害の事を知って本人は知らないなんて…私はよくないと考えました。
一生、その特性をもって生きていくのはRなのです。
私はパパとも相談してRにアスペルガー症候群を報告することにしました。
あっ!このブログに初登場の旦那さんです。私の仕事の理解者でもあります。
会社で「もし宝くじが当たったらどうする?」と同僚たちと話した時
「車を買って仕事をやめる」とか「海外旅行に行く」とか話す人の中で
「妻が起業する!!」って言っちゃった人です。

この告知にとーーーっても勇気が必要でした。

「Rはみんなと同じことができなくて先生にしかられているでしょ?
 それはみんなとは違う脳で生まれてきたからなんだって。
 同じことができないけど、Rだけができることもあるよね。
 それは脳が違うからだったんだ。
 この前、かがやき教室(通級教室)でやったテストでわかったんだよ。」

さぁ、Rはなんと答えたでしょうか?

ショックを受けて泣く?
どうして障害をもって産まれたんだと怒る?
学校に行かないって引きこもる?
これはぜ〜んぶ私が予想していたことです。
どこまでネガティヴ…















Rはこう答えました。
「な〜んだ、そうだったんだ。」

「ママは僕がこの脳で生まれてきて嬉しい?
 ぼくは嬉しいよ。脳の秘密がわかるかもしれないから。」

ママ、僕たちラッキーだね、神様が特別な脳をプレゼントしてくれたんだね 

………まいりました。降参、惨敗…。
Rのこの言葉に奮起しましたよ!子供ってすごい!
この子の可能性を、才能を潰すのは私だった!Rは何も変わっていません。
私のRを見る目が変わっていたのです。


気づいたけど、変われない。
わかっていてもできない。
Rを認めたはずだったのに…  次回は「褒められない私」について書きたいと思います。

posted by tomomi at 20:55| Comment(0) | 息子のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。