topics

2015年02月28日

発達障害って!? その8

更新をさぼってしまいました。
人気のブロガーさんの持久力って素晴らしい
きっと楽しくってドーパミン出てるんだろうなぁ…

さて、アスペルガー症候群と公表し学校でも配慮を受けることができるようになったR。
でも、すぐには落ち着かないわけなんです。
お友達からの攻撃も続いていて、目の周りに青あざを作って帰ってきたことも
落ち着いたはずの気持ちがざわざわ

私はまずは知ることから始めました。
「発達障害」「アスペルガー」ネットから書籍からも情報を集めました。
ネガティヴな情報の多さに悩みが深まりました。
「こんなことで困っています。」
「これがアスペの特徴」
「二次障害で鬱になりました。」 などなど
がーん

暗い将来を思い描いているからどーしてもRに厳しくなってしまいました。
育児書には「褒める」ことがやる気を引き出すと書いてあります。
それはお母さんたちはみ〜んな知っているんです。
でも「褒める」ためにはお母さんの気分がいいことが大切とは教えてくれません。
お母さんの気分を自分で保つ方法はどこにいけば教えてくれるのでしょう。

私は褒められない自分を責めましたよ。
Rはアスペなのに頑張ってきた、それを認められない私が悪いんだ。
今度は自己嫌悪ストレスに参りそうでした。
頑張って「褒める」から見返りが欲しくなりました。
こんなに頑張って褒めてるんだからちゃんとやってよと爆発するわけです。

発達障害だとわかったから対処法があるわけではないのです。
すぐに結果が出るわけでもないし、私がいきなり変われるわけでもありませんでした。
Rへの接し方は変わっていましたが、心は追いついていませんでした。

そんな私に次の救世主が現れます(この頃、第一の救世主H先生は転勤していませんでした。)
Rが発達障害だとわかってから半年以上が経ったころ、
「療育」の専門家の 木村 順先生との出会いがありました。
出会いというにはおこがましいかな。だって講演会にいっただけだから。
でも、あの講演会がなければ「自己肯定感」「自己有能感」の理解はなかったとおもう。

次回は「木村先生のお話」「講演後控室に押し掛けた話」を書きたいとおもいます。

ちょっとここで嘘のような本当のお話

こんな田舎のちっぽけな町で講演会があったのです。
なぜって?
役場の職員のSくんが自分の担当外なのに補助金申請して呼んでくれたからです。
なぜこの時期に、なぜ「療育」「発達障害」の先生に焦点をあててくれたのか?
たまたま御嵩町が選ばれた。私も一年前なら行ってないし一年後では遅かった。
私のために用意されていたかのようなシチュエーション
しかもこのSくん。私の中学時代の部活の後輩だった(らしい)
講演会後「どうでしたか?」と聞いてくれたので
「困っている人が多くいることがわかったのだからほかにもなんとかしてほしい」といったら
本当に4月からペアレントトレーニングの講座を先生を招いてやってくれた。
もちろん、私は参加しましたよ。

本当にやってくれて感激してお礼を伝えたら、
「先輩命令だったので(笑)」って
よくよく聞いたら私の中学校時代の部活の後輩だと。
え!?私って中学から顔が変わってないってこと!?





posted by tomomi at 00:23| Comment(0) | 息子のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。