topics

2015年04月22日

発達障害って!?その9

前回の更新から(発達障害って!?その8)なんと二か月近くたってしまいました。
持続性がなくてスミマセン…
カウンセラーで教えていてもこんなもんです。
クライアント様、ゆるりと生きていきましょ

今回は「木村 順先生の講演会に行ったこと」を書きます。

※発達障害の漢字について:
 発達障がいって書くのが一般的。「害」って字のイメージが悪いかららしい。
 でも、「がい」って書いても「害」って書いても私の気持ちは一緒。
 個性的で脳の資質が私とは違うってこと。
 日常生活には困るけど、脳のやる気スイッチが入ったら脳の全部を使えるすごい人。
 いわばスポーツカーみたいね。メンテには技術が必要。
 でも、気分を悪くする人がいたらごめんなさい。今後は障がいって書きますね。

さて、アスペルガーについて知識も増えてきたある日、療育の専門家の先生が
講演会をやるという情報をゲット!
(自分の興味がある分野は脳が情報をキャッチしやすいんです。
 子供に勉強させたかったら興味を引くことですよ〜)

それが木村 順先生でした。
療育塾ドリームタイムを開いておられ作業療法士でもあり、困難さを持ったお子さんの
父親でもある先生。

そこで「感覚統合」「協調性運動障害」というRの困難さの再発見をしたり
「障害を受け入れるのは指導者の役割で親は受容しなくていい」という
なんとも楽ちんなメッセージを聞きました
そして「自己肯定感」「自己有能感」の話も。

※「協調性運動障害」
  Rの場合は椅子にまっすぐ座っていられない
  ウロウロと歩き回る
  体の一部に力を入れるのが苦手(鉛筆や箸は未だにしっかり持てません)
  などの症状があります。
  これは大型のロボットに新米のパイロットが常に乗っているようなもの
  平衡感覚やどれくらいの力でものを支えるかなどの固有感に問題があるためにおこります。

※「感覚統合」
  もともと普通の人には備えられている筋肉と脳と感覚を一体化する感覚を
  その感覚のないRのような子に訓練で身につくようにすること

※「自己肯定感」
  ありのままの自分で愛されていると感じること

※「自己有能感」
  役割としての自分に有能で必要とされていると感じること 

「学校に合わせられるよう親が子どもを教育しなくちゃいけない」
「なんとか褒めて育ててできるように」と頑張っていた自分に気づきました。
まだまだ、自分が頑張っちゃうんですよね。自分の人生だけしか生きられないのに

「子どもが忘れ物をしたら先生は伝え方を反省すべきなんです!!」とも。
とても実践的で無理なく続けられる療育の方法も教えてくれました。
(詳しく知りたい方は本を出してらっしゃるので見てみてください。)

そして最後に「質問がある方は後で控室にどうぞ」と言ってくれました。
もちろん、行きましたよ
そしたらそこには部屋に入りきれない数のお母さんたちの姿が
(残念なことに講演会には学校関係者の姿もありましたが、
 控室には一人もいらっしゃいませんでした。この必死さの違いが意識の違いなんだよね)

そこで木村先生に言われたことがこうだったんです。
「お母さん、苦手なものはありますか?ない?
 う〜ん、それは親子共に不幸やな~」 と。

えっ苦手なものは克服するもの。
人に迷惑をかけちゃいけないんじゃなかったの?
苦手なものがないのに評価をもらえないことは初めてでした。
おまけにかわいそうって!?

「息子さんは困難さを理解してもらえない。
 お母さんは理解したくてもできない。お互い苦しいやろ。」
確かに!ものすごく納得しました。

つまり私の価値観のまま、Rに関わろうとするとお互いストレスになると。
木村先生は本の中でこう書かれていました。
「感覚統合は非常に理解が難しい。常識という知識の範囲内でわからない感覚の世界について
 それらをどういうものなのか実感できなければ、親身な関わり指導はできないでしょう」

確かにわたしは定型脳でアスペルガーのRの脳でどう感じているのかは
わからない。そんな事、考えも及びませんでした。
感覚が違ってできないんだと認めているようで認めていなかったのです。
「訓練でできる」という感覚だけありました。
彼の感覚を理解し「自己肯定感」を崩さないそれが今後の課題だとわかりました。


もう二年も前の話なので前後関係が不安です。
私の記憶の中の情報を頼りに書いています。(アラフォーの記憶…大丈夫か!?)
でも、この講演でカウンセリングの学びがぐっと深まりました。

※アスペと診断してくださったH先生も「自己肯定感がすべてです」とおっしゃていました。
そして、学校だけに任せていたらRの自己肯定感の危機だ(失礼!)と感じた私はこの講演の数週間前からNPO法人ファミリーカウンセリングサービスでカウンセリングを学んでいました。
この講演をきっかけに相手がどう感じているのか、カウンセリングにおいて大切なのは
何が正しいのかではなく、どう感じているのかを正確に把握することだと思ったのです。

さてさてこれで一応カウンセリングの学びにまでたどり着きました。
あーーーー長かった。
今後もRのこと、娘のHのこと カウンセリングやカイロプラクティックのことなど書いていきたいと思います。
「発達障害って!?」のシリーズはとりあえずおしまいです。

今年は派遣の事務のお仕事+カイロ+カウンセリングに加えて
な・な・なんとPTAの本部役員まで引き受けちゃいました
う、笑うしかない。二足の草鞋ならぬムカデの足を目指して楽しみます

では、また見に来てくれたら嬉しいです。

posted by tomomi at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。